蜂蜜

多くの種類

蜂蜜

はちみつをスーパーに買い求めに行ったら、非常に安いものから高いものまで様々あり、さらにデパートの専門コーナーに行くと、さらに小さなびんにはいった、花の種類別に高級なはちみつまで売られています。この値段の差は何だと思いますか。 安い蜂蜜でも甘いですが、とろみがさらさらですし、はちみつ味もうす味です。 高い蜂蜜は純正と表示され、中国産などの安いものは砂糖を加えたものが売られているのです。 これを平均的なという表現ができるか難しいですが、そこそこ純正で比較しても、100gあたり1000円から500gあたり1000円くらいの幅があります。 物価の安い海外で買っても、はちみつは意外と高いです。ハチによって作られるものを集めるのですから、人件費など手間がかかる食材と言えます。

はちみつはベビーに食べさせてはいけない食材だと知ったのは、初めての育児を始めて間なしのころでしたが、大人の体にははちみつは非常に有効な成分が多く含まれていることがわかってきています。 パン食が普通の国では、「はちみつ」は早くから食生活に密着しています。 日本でも昔は「れんげ」のはちみつは有名でしたが、今は純国産のは少なく、中国やカナダが主産国の「アカシア」のはちみつが一般的に販売されています。 海外のはちみつを見ると、様々な花の蜜から作られたものが販売されています。そのため、蜂蜜専門店ができたくらいで、濃い茶系から淡い黄色まであり味も微妙に異なります。 純度の高い蜂蜜は保存しても固まりませんが、加糖の蜂蜜は時間がたつとざくざくに固まります。